サッカーにおける判断とプレーの基準をとことん身につける。

MATCH

試合結果

多摩川球's倶楽部のソサイチコートなどで定期的に練習試合を実施しています。各選手とも別々のクラブに所属しておりゲーム形式の練習はあまりしていませんが、ヴェントサッカー塾ではサッカーにおける判断とプレーの基準を共通して指導していますので、連係のとれた場面が少なくありません。勝利する試合や、好結果を残す大会も多くあります。


川崎の強豪、FC中原に勝利∎

18チーム中5位でフィニッシュ

2020年8月22日(土)、23日(日)

U−12 ACラゾーレカップ

ヴェントエリートクラスU−12

 

vs FC中原:1△1

 [得点者]タイチ

 

vs 山王JFC:15○0

 [得点者]コタロウ×4、ヒロト×2、クンペイ×3、ヨシノリ×2、ミナト×2、タイチ、ケイタ

 

vs ミキFC(B/TRM):6○0

[得点者]ヨシノリ×2、タイチ、オウンゴール、ヒロト×2

 

⊙決勝トーナメント

vs FCパーシモン:1●5

 [得点者]クンペイ

 

vs FC中原:3○1

 [得点者]タイチ、ルナ、ヨシノリ

 

vs エストレーラFC:3○0

 [得点者]コウヤ、タイチ、ヨシノリ

Photo Gallery

クリックすると画像が拡大します。

Aug. 22, 23 2020

予選リーグの初戦は川崎市の強豪、FC中原と対戦。システムがうまくはまり先制できました。その後、自力で勝る相手に徐々にペースを握られ、1−1のドローで試合終了。第2戦の山王JFCには15−0で勝利し、得失点差でFC中原を上回って、1位でグループリーグを突破することができました。

 

決勝トーナメントのFCパーシモン戦は気持ちが空回りし、ミスも連発。1−5で敗れたものの、その後、再び対戦したFC中原には3−1、エストレーラFCには3−0で勝利し、18チーム中5位で今大会を終えました。初日は9人、2日目は10人と選手が少ないうえ、ヴェントエリート歴の短い選手と5年生が2人いたチームは戦前の予想をはるかに超えて変化し続け、しっかりとした成長を感じさせてくれました。



全力蹴球カップに参戦∎

ゴールは遠くも、3試合を完封

2020年8月4日(火)|全力蹴球カップ

ヴェントエリートクラス

 

vs FCパーシモン(O):1○0

 [得点者]ユウヒ

 

vs 町田小川FC:0●1

 

vs FC REGALO(レガーロ):1●2

[得点者]タイチ

 

⊙下位トーナメント

vs スポーカル六本木:0△0(PK:2○1)

 

vs FCパーシモン(O):0△0

Photo Gallery

クリックすると画像が拡大します。

Aug. 4 2020

川崎市麻生区を軸に活動するFCパーシモンさんが主催する招待大会に参加しました。グループリーグは1勝2敗で3位の成績。暑い中で5試合を戦いましたが、計2得点とフィニッシュの精度にまだまだ向上の余地を感じられました。PK戦も経験しています。



お問い合わせはこちら

\ 独自の年間リーグを展開中 /


Vento Soccer Cram School 

ヴェントサッカー塾

代表/テクニカルディレクター

名賀大輔

Naka Daisuke

 

メールでのお問い合わせはこちら

\ Please share! /  


Our Partners

CFG-YOKOHAMA

腸が喜ぶ植物発酵エキス

高地トレーニングを、日常に─

伝わるHPならナウヒア